ads by google

キャラ弁を簡単に作るコツを伝授!特別な道具がなくても大丈夫!

家事・育児
ads by google

こんにちは!

息子のお弁当はいつもキャラ弁を作っているのんです!

冬の北海道では小中高生がスキー授業を行います。

その時は給食が出ないのでお弁当を持参するわけですが、まだ小学3年生の息子からはいつもキャラ弁をリクエストされます。

見た目よりも味を優先する私は、キャラ弁を作る道具を一つも持っていなかったのです。

海苔を上手く切る小さなカッターや、パンチなど、本当に一つも!(汗)

だって、いつキャラ弁を必要としなくなるか分からないし、そもそもキャラ弁の為だけに便利な道具を買う必要ある?毎日お弁当持参ってわけじゃないのに?なんて思っていて…。

そこで今回は、そんな道具を持っていなくても簡単にキャラ弁が作れるワザを伝授します!

 

 

ads by google
Sponsored Links
コード スニペット

何のキャラクターを作る?

今回は「スーパーマリ〇」を作りたいと思います。

以前はスプラトゥ〇ンやドラえも〇、マイ〇ラなども作製しました。

 

 
ads by google

使う道具

・工作用の普通のはさみ

・包丁

・ストロー(太いのと細いの。どちらか1本でも可)

・爪楊枝

・ピンセット

(私はいつもだいたいこの5つしか使いません笑)

 

 
ads by google

主な材料

・うずらの卵(食紅の赤・緑それぞれ水に溶かして卵を漬けておき色をつけます)→ヨッ〇ーの卵

・卵(砂糖、白だし、塩を加えて四角く形成し卵焼きにします)→はてなボックス

・とろけないタイプのスライスチーズ(マ〇オの目につかいます)

・海苔(〇リオの目、ヒゲ、もみあげに使います)

・カニカマ(マリ〇の帽子のイニシャル「M」に使います)

・顆粒だし+ケチャップ(土台となる〇リオの顔の肌色を表現するために使います)

・ケチャップ(マ〇オの帽子を作るためにご飯とケチャップを混ぜます)

★枝豆串(枝豆の実を爪楊枝に刺すだけ)

★唐揚げ(鶏もも肉+生姜+ニンニク+醤油+塩コショウを揉みこみ片栗粉をつけて揚げます)

★ウィンナー(横半分に切ったあと断面に十字に三本切込みを入れて焼き、中央にケチャップをつけるとお花のようになります)

★ハムのお花(半分に折ったあと切込みを入れて端からクルクル巻くだけ)

★フルーツ(今回はキウイ)

(★マークは子供の好きなおかず)

 

お弁当箱は極々普通の長方形のものです。

この中におさまるだけの大きさと品数で作ります。

もしおさまり切らないならもう1つ別の容器に入れます。

ジブ〇(ネ〇バス)のお弁当袋、トミ〇のおしぼり入れ、ポケ〇ンのポケットティッシュ、プレーン〇のお弁当箱と統一性のないカオスな息子のお弁当グッズ…(汗)

ちなみにお箸とお箸ケースはおしぼり入れとお揃いの物です。

そして今回作るのがスーパー〇リオとなかなかスゴい感じに…(滝汗)

 

 
ads by google

実際に作ってみよう!

ヨッ〇ーの卵

まずは下準備から。

食紅を溶いた水にうずらの卵を漬けておきます。

だいたい耳かき3杯の食紅に対して水100ccくらいです。だいたいで大丈夫。


赤と緑一つずつで大丈夫なのですが、失敗しても大丈夫なように念の為二つずつ色水に漬けました。

長く漬けておくと色が濃くなります。

30分程度漬けておけばしっかり色がつきますよ!

 

色がついた卵にストローを使って白身だけをくり抜いて取り出します。

同じように色を付けていない白い卵の白身もストローで取り出します。

色付きの方と、白い方の白身を交換すると出来上がりです!ヨ〇シーの卵!!


 

こんなに可愛い卵がお弁当に入っているだけで「○○君のお弁当すごーい!」とお友達から注目の的です。

お母さんドヤ顔です。

 

 

マ〇オの顔と帽子

土台となる顔の肌色を表現するために顆粒だしとケチャップを混ぜ合わせます。

冷めても美味しく食べられるように少量のごま油も入れます。(ツヤも出ます!サラダ油でもOK!)



ケチャップは様子を見ながら少しずつ入れましょう!

 

次は帽子を作りますが、ケチャップと塩コショウ、顆粒だしを混ぜ合わせたあとにレンジで加熱し水分を飛ばします。


水分を飛ばすと赤が強く出ます。

肌色のごはんはそれぞれラップに包ながら、顔・耳(2つ)・鼻のパーツを作ります。

帽子は頭に被る部分とツバの部分の2つのパーツを同じようにラップに包んで作ります。


出来上がったら重ね合わせてみて、大きさが合わないものはご飯を足したり減らしたりしながらちょうど良い大きさになるように調整しましょう。

 

 

マリ〇の目

常温に戻しておいたスライスチーズを爪楊枝を使ってくり抜きます。

カッターが無くても全然大丈夫!

くるーっと滑らかにくり抜けるはずです。


工作用のはさみで黒目の大きさに切った海苔と、小さくくり抜いたチーズを使ってマ〇オの目の完成です!

もみあげとおヒゲも適当にはさみで切ります。適当で大丈夫。

バランスよくパーツを組み合わせ、海苔やカニカマを貼っていき、隙間なくお弁当箱に詰めます。

(※隙間があるとよれてぐちゃぐちゃになってしまうため)

 

できあがったのがこちら!


マリ〇を大きく作ってしまって唐揚げが入りきりませんでした(汗)

別の容器に唐揚げとフルーツを入れました。


 

 

海苔を上手く切るコツ

パリパリの海苔は少しでも曲がると裂けたり破けたりして切りづらいです。

使う10〜15分前に出しておき、湿気に晒しておきましょう!

 

 

チーズを上手く切るコツ

常温に戻したチーズなら爪楊枝を使って簡単に型抜きができます。

冷蔵庫から出したての冷えたチーズは思うように型抜きできません。

 
ads by google

最後に

キャラ弁は手が込んでいて難しそう…と思っているお母さんも多いと思いますが、ちょっとしたコツを知っていると簡単に作れます。

私も不器用で細かい作業は苦手ですが、下手ながらも愛情こもったキャラ弁を作ることができています。

キャラ弁初挑戦するお母さんや、コツを知らずに作っていたお母さんはこの記事を参考にしながら作ってみてくださいね!

Sponsored Links
家事・育児
ads by google
nonをフォローする
北海道のママが吹雪の中で叫んでる!

コメント