ads by google

古着はウエスにしてエコな処分をしよう!作り方を写真付きで解説!

家事・育児
ads by google

こんにちは!

お掃除苦手を克服した主婦、のんです!

皆さんはエコなお掃除していますか?

今回はお掃除に必ずと言っていいほど使う雑巾についてお話をしようと思います。

地球にもエコで、家計のお財布にも優しい雑巾の作り方をお伝えします。

 

ads by google
Sponsored Links
コード スニペット

その古着、まだ捨てないで!

袖や襟がヨレヨレになっていたり、洗っても落ちない汚れがあったり、子供の服がサイズアウトしてしまったり、流行りの服では無くなったり…。

そのような古着の処分はどうしていますか?

ただ捨ててしまうのは勿体ないからとリサイクルショップやフリマアプリなどで売る人もいるのではないでしょうか。

でも、名前が書いてあったり、状態によっては買い取ってもらえない事もありますよね。

そんな古着たちはウエス(使い捨て雑巾)にしてみませんか?

 
ads by google

作り方は簡単

チョキチョキとカットするだけです(笑)

本当にこれだけ。

ですが、用途に合わせた大きさにカットするのがポイントになってきます。

例えば我が家では、窓のレールやお風呂のドアレールなどの細かな場所を掃除するのに小さいサイズ。

子供が食べこぼしたお茶やご飯を拭いたり、料理後にサッとウエスでフライパンを拭いてからスポンジで洗う用に大きなサイズ…。

と、2種類の大きさを作って、取り出しやすい場所に大量ストックしてあります。

 

 

我が家で実践している具体的な作り方

ちょうど着なくなったTシャツがありましたので、実際にどんな感じに切っているのかをご覧下さい!


切り方は好きなようにして良いのですが、私はTシャツの横(脇腹)をカットし、前面と背面に分けてから使いやすいサイズにカットしています。

今回は前面、背面ともに6当分。

縫い目である「耳」は切っても切らなくてもどちらでも大丈夫です。

私は面倒なので耳は切り取っていません。

それでも何も問題なく使えています。

 


あとは折りたむだけ。

ね?簡単でしょ?

 


我が家は大サイズと小サイズの2種類に分けているので、こんな感じで適当な箱にしまってあります。(大サイズは小さめのダンボール、小サイズはティッシュペーパーの空き箱を利用)

どちらも箱のままキッチンの上の棚に収納し、すぐに取り出せるようにしてあるので、手もシンクも汚れやすい油の処理はウエスが大活躍!

寝室の掃除やトイレ掃除、居間の掃除、食べこぼし処理などで使いたい場合は箱ごと持って行くのもいいし、1枚〜数枚を取り出して使うのも便利です。

使う場所それぞれの場所にストックしておくのも良いですね。

 

 
ads by google

どんな素材が良いの?

適している素材

・綿(Tシャツ等)

・パイル地(タオル等)

 

適していない素材

・ポリエステル(ジャージ、ネルシャツ等)

・フリース地(フリース、パジャマ等)

・ボア(上着、ベスト等)

・縮緬(着物等)

 

汚れや水分をたくさん吸ってくれる綿やパイル地が適しています。

反対に、吸水性の良くないものはお掃除にはあまり適していません。

 
ads by google

使い捨て雑巾の良いところ・悪いところ

メリット

  1. 一度使ったら捨てるため、汚れた雑巾を洗わなくて良い。
  2. 売っても安すぎる、全く売れないといった服でも最後の最後まで有効活用して処分できる。
  3. 何でもウエスを使っていればティッシュペーパーやウエットティッシュの節約にも繋がる。
  4. 気兼ねなく使ってから処分できる。

デメリット

  1. 切る手間がある。
  2. お気に入りだった服をカットする時は勿体ないような、悲しいような心境になる。
 

圧倒的にメリットの方が多いです。

我が家では大量の水を零した時以外はなんでもウエスでちょこちょこお掃除しています。

さすがに適度な大きさにカットされたウエスでは大量の水を処理しきれません(笑)

特によく使うのがキッチンで、ちょっと油が跳ねてしまったり、お醤油が零れてしまったりと綺麗な布巾で拭くのはなんだか忍びないので、そんな時にウエスの出番です!

夫も「ウエスちょうだい〜」と言って数枚持ち出し、車の掃除に使っています。

しかも、我が家では多少のポリエステルなどは気にせず、100%ジャージ地やフリース地以外の古着は全てウエス行きになります。

息子のインナーや夫のシャツ、私の靴下、娘達の肌着なんかもザクザクとカットし、古着たちには第二の就職ということで、みっちり最後まで頑張ってもらいます。

もちろん綺麗な状態の物は親戚へのお下がりに譲ったりしています。

 

 
ads by google

まとめ

使い古しのタオルや衣類の処分に困っている時は、無駄なく最後まで使いきれる「ウエス(使い捨て雑巾)」にしてしまうと有効活用できます。

小さなお子さんがいるご家庭はもちろん、お子さんがいないご家庭でも掃除時にウエスがあるととても便利です。

 

いかがでしたか?

我が家では一度やってみた時からウエス(使い捨て雑巾)が欠かせない存在となり、衣替え時期に処分する服をチョキチョキとカットして大量にストックしてあります。

とても嫌だった汚れた雑巾を洗う…ということをせずに済み、掃除嫌い(特に拭き掃除)を克服することができました。

こんな活用法もあるのでぜひ試してみてくださいね!

コメント